磨きで本来の綺麗さを取り戻す事も可能です♪

今回の依頼内容は、展示車を購入にともないコーティング施工のご依頼を頂きました。

一度、お見積りで来店して頂き状態を確認しますと、一見綺麗に見えましたが

当店の照明下では丸裸です。

ボンネットには無数の磨き傷が・・・ 納車に合わせて磨いたんでしょうか?

それに至る所に、ワックスの拭き残しやカスが・・・

さあ、果たして何処まで綺麗になるのでしょうか?

 

 

徹底的な洗浄で塗装をスッピン状態に。

 

ケミカル剤を駆使しまして、除去できる汚れは先に除去することが鉄則です。

そうしますと、おのずと塗装状態を把握出来るのです。

機械で磨かれた傷ですので、深い傷なんですよね・・・

出来れば磨かないで欲しかった・・・・

この傷をアップで写しますと。

 

こんな状態なんですよ。プツプツしてるのはメタリック粒子です。

この傷を磨きで除去する訳なんですが。

 

プツッと残ってるのは陥没してるシミです。この染みを取ろうと思うとかなり磨く必要もありますし

磨いても取れない場合も御座いますので、ここでストップです(後々の為にも)

この状態でもアップ画像を。

 

傷が無くなり、ピントが合いませんが・・・

違いは歴然です(^^♪

こんな感じで、全体を丁寧に磨き上げると本来の美しさを取り戻す事が可能です。

綺麗になりましたので、最終工程でコーティング剤の出番となります。

 

 

綺麗を持続させるためにコーティング施工。

 

当店では、磨くことや下地洗浄に最も時間を費やし綺麗を演出させて頂いて降ります。

そして、綺麗になった塗装をどう維持していくと考えた時にコーティングの出番となり

そのコーティング剤は、勝手に私が決めるというオーダーメイドで施工させて頂いて降ります。

その理由は、お問合せ頂ければと思います。

では完成画像を。

 

 

野外で見れば、尚綺麗さが際立ちますよ!!

 

 

明日の納車となりますので、別室にて保管させて頂きます!!

このたびはご依頼頂き有難うございました(^^♪ 明日の引き取りお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

   

 -

  おすすめの記事

Copyright© カーグレード , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP